WEB職人へのなが~い道のり

WEB職人を目指す行く手には、病気や貧乏など壁がいっぱい。乗り越えて晴れてWEB職人になれるのか?




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|

派遣会社との対決(自分の要求)

さてそんなわけで派遣会社が態度を豹変させてきたわけですが。
正直、「多少でも向こうが折れたのだからよしとするべきか?」と思わなくも無かったのですが、
でもどうしても、気持ちの収まらない自分もいるのです。
なので、後日また直接会って話をすることにしました。

家族とも色々話したり、あちこちに問い合わせたりネットや本屋で調べたりして
いろんなことを考えた結果、自分が要求したいのはこれらのことだと思いました。

1.「解雇」を撤回して「会社都合による退職」としてほしい。
2.次の仕事が決まるまでの賃金補償をして欲しい。
3.解雇理由とした、自分に対する評価に関する謝罪が欲しい。

それぞれには具体的な理由があります。全てはここでは書きませんが、
自分が最もこだわっているのは相手からの「謝罪」です。


前にも書いたかもしれませんが、自分が9月1日に出勤した時の朝礼で
チームのメンバーの前で「9月で解雇になります」と言ったこと、それに
派遣先の課長に対し(同じフロア内で席を制作チームから事務の席に移すと言われ)、
「それではまるでさらし者ですよね?」と言ったことが"暴言"だと言われました。
「常識的に、そんなこと言うべきじゃないことくらいわからないのか?」と。

その同じ人間が、解雇理由に納得がいかない自分に対して
「じゃあ、あなたはホームページを作れるんですか?」と吐いたこと。
呆れると同時にものすごい侮辱だと感じました。
これは"暴言"じゃないのか?
じゃあ何かと。あんたはHPも作れない人間をwebクリエイターとして派遣したのかと。

その他、自分を見下してこき下ろして言われた言葉の数々。
それによって少なくないダメージを受けた自分に対して謝罪して欲しいのです。
ただの自己満足かもしれないけれど。。。
でも実際、この件で自分の体調は悪化する一方。精神的にかなりこたえました。
わずかばかりの自信も失いました。
何とかこれを乗り越えて次に進むためにも、自信を取り戻すためにも
そのきっかけにするために、謝罪が欲しいのです。
子どもじみたわがままでしょうか。


  1. 2006/09/16(土) 02:26:44|
  2. 派遣会社との対決|
  3. コメント:4
<<生活ペース・・・すっかり夜型 | ホーム | 派遣会社との対決(ちょっと急展開)>>

コメント

心情的にこじれてしまっている問題はなかなか解決するのって難しいですよね。

お金じゃないんだけど、結局、心情的なものは相手方ってお金でしか解決策を見出せない。
でもって、こっちは「お金じゃない」ってのがあるから、それでしか解決ができないのだろうとはわかりつつも納得できない・・・

私もそういう事がいろいろありましたが。
結局、最後はお金は受け取らず・・・
(受け取って『結局お金でしょ』ってカゲで言われるのがイヤなので。)
アホでしょうか。


派遣会社、ちょっとどうかと思いますね。
(昨日の日記の第一印象、「派遣会社、情けな~~!」)
圧力かかったら急に態度が豹変。
でも、省みての行動ではないのでよく話してみると言ってること、やってることはなんら変化なし・・・

matouさんが「じゃあ、あなたはホームページを作れるんですか?」と言われたこと。
私は派遣会社に『派遣社員に適切な対応ができない派遣会社はなんだ!?』と感じてしまいました。
派遣会社は派遣社員あっての会社だから、そりゃ顧客は派遣先の会社かもしれないけど、人材ありきじゃないのかと。

昔は日本って「人は宝、社員は宝!」みたいな感じだったけど、ドンドン変わってきてますね。
これからどこへ行くのだろう・・・
  1. 2006/09/16(土) 10:59:29 |
  2. URL |
  3. かのん #-
  4. [ 編集]

大丈夫かぁ~!?

いろいろ調べて分かったことがたくさんあるね。
ユニオンは解雇の撤回でしか交渉は出来ないんだね。労働者の希望で交渉を
してくれると一番助かるのにね。
matouの心と体のこと、次の就職のこともあるから相手の話を聞いてみて
どこかで落とし所を見つけた方がいいのかもしれないね。
(1ヶ月分の賃金では納得いかないが・・)

なんかね、ブログを読んでいて感じたことは、あまりにも相手がひどすぎるので
matouが心と体を酷使してまで闘う価値はない会社だと正直思った。
こういう誠意のない対応を平気でする会社はいずれ相手にされなくなるし
痛い目にあうはず。やったことは必ずどんな形であれ自分に返ってくるからね。
そして少なくとも今回のmatouの起こした行動で、今後あのひどい派遣会社も
こんな存外な対応はしなくなると思う。これは間違いなくmatouが嫌な思いを
しながらも頑張った成果だよ。

自分のために納得のいく落とし所を見つけて早期解決が一番いい気が
する(かな?)。もちろん決して泣き寝入りするのではなくね。
matouの要求1.2.3を見てどんな気持ちでいるのかがすごくよく分かったよ。

勝手なことを書いてしまったね、ごめんね。
  1. 2006/09/17(日) 23:58:30 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集]

>かのんさま

ホント、ずいぶんな会社に当たったものだと思いました(-"-)
派遣会社の全部が全部、こんなところじゃないのはよくわかっているのですが
(実際、すごく頑張っている派遣会社の方たちも知っているし)、
よりにもよって、くじ運の悪い私がこういうのだけは当たってしまうんですよね^^;

確かに、行政の圧力があっての対応の変化なので、
本質的なところは変わっていないのだと思います。
私もさすがに相手を信用するようなことは100%ありません。

でもさすがに、今後の派遣スタッフへの対応には気をつけるようになるかとは
少しだけ、期待・・・は出来ないけど願っています。

かのんさんも色んな経験をされていますね。
お金も受け取らなかったかのんさん、かっこいい!
私も気持ちはそうなのですが、実際は・・・どうだろう。貧乏だし(T_T)
でも少なくとも、自分の一番の希望は金銭的なことではなく
心情的なことだということは、はっきりと伝えるつもりです。
  1. 2006/09/18(月) 02:12:37 |
  2. URL |
  3. matou #YoAKTJTo
  4. [ 編集]

>akiちん

おー、akiちんありがとお(T_T)
akiちんはあたしの性格をよくわかってるだろうから、
ブレーキをかけてくれると助かるよ。

うん。自分でも、こんな会社にいつまでも関わってられないとは思うんだ。
ユニオンの人も呆れてたもん。書類を見た途端、
「本当にこの会社、派遣の許可取ってるの?」って^^;

自分でも、あちこち問い合わせたり調べたりしながら
落としどころがわからなくなって途方にくれそうになったけど、
いろんな方の話を聞く中で、ようやく自分が本当に
相手に求めたいことがわかってきた気がするんだ。

元の会社にも未練は無い。つもり。環境としては恵まれてたけれど、
最後に受けた仕打ちで「ああ、結局それまでの人たち・会社なんだな」と
思い知らされたから。

次がなかなか見つからないのが悩みどころだけどね。
何とか早くケリをつけて、急いでまた出直すよ^^
  1. 2006/09/18(月) 02:21:14 |
  2. URL |
  3. matou #Dv6DZoa6
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。