WEB職人へのなが~い道のり

WEB職人を目指す行く手には、病気や貧乏など壁がいっぱい。乗り越えて晴れてWEB職人になれるのか?




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|

制作者失格?人間失格?

今日も体調は絶不調だぜ!いえーい!!って感じです。
(いつものことなので、少しでも軽く言ってみようかと思いました orz)
毎度の頭痛に胃痛、めまいに背中痛と、いいとこなしです(T_T)

・・・実は、昨日派遣元の営業担当から封書が来たのです。
先日の解雇通知の理由に納得がいかないと自分が言った時に、
「じゃああなたでもわかるように噛み砕いて書き直しますよ」と言っていた、
その「噛み砕いた」理由がずらずらと書かれたものでした。

読んでみたら、開いた口がふさがらず。母も、「よくここまで書いたもんだね」と感心するほど。
それほど、自分という人間を徹底的に否定する内容でした。
人格、性格、WEBの仕事に対する意識、素養、そういったもの全てを
否定していると言って過言でないほどのものでした。
そしてその内容は、「派遣先の課長とリーダーから言いわたされたもの」とのことでした。

とても全てをここに書く気にもなれないのですが、最もショックを受けたのは
一番最初に書いてあった「webクリエイターとしての意識が見受けられない」という文章でした。


"webクリエイターとしての意識"って、何なのでしょう。
自分は、webに関わる制作者として「クライアントや閲覧者のことを考えて作ることが、
SEO効果はもちろん、ひいては会社の信用=利益にもつながること」と思って、やってきました。

それは会社の方針にそぐわなかったのかもしれません。けれど、
それを自分の"意識の低さ"と見るのはどうなのでしょう。
考え方が違うのはわかりました。だからといってそれを表面では「あなたの意見は正しい」などと
言っておきながら、陰では「クリエイターとしての意識が無い」と言うのは
卑怯なことではないのでしょうか。どうして自分にそう指摘しなかったのでしょうか。

そのほかに書いてあったことにも反論はあります。でもそう判断されたのも事実。
でも上に書いたことについてだけは、どうしてもリーダーの真意を聞きたくて
メールをしたのですが、返事は返ってきません。

WEB職人をめざすどころか、「お前にはそんな資格が無い」と切り捨てられたような、
社会人どころか人間失格と告げられたような感じです。
なんだか人間不信になりそうな、そんな気すらしてきたのです。。。


  1. 2006/09/13(水) 00:00:01|
  2. 派遣会社との対決|
  3. コメント:5
<<期待は小さく。 | ホーム | 派遣会社との対決(さらに準備中)>>

コメント

なんかさらに心情的に難しく・・・

仕事の折衝というよりも人権侵害とか精神的慰謝料って話での方が話が通りやすくなってきそうな状況ですね。

私、就職準備のための講習を担当していますが、就職が決まったと言って巣立つ方々が就職先でうまくやれるかってとっても気になっています。

仕事で辛いことがあるのは当たり前かもしれないけれど、仕事に就くことで人間として押しつぶされてしまうことだけはあって欲しくないのです・・・

今度の受講生達も大事に育てていこうと改めて思いました。
matouさんも押しつぶされてしまわないようにね・・・
  1. 2006/09/13(水) 01:24:25 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

ああ~~ん・・・
またやっています。

今度から名無しがいたら、私だと思ってくださって結構かと。
うう・・・
  1. 2006/09/13(水) 22:01:27 |
  2. URL |
  3. かのん #-
  4. [ 編集]

>かのんさま(就職準備)

ふふw そうじゃないかと思ってましたよ。かのんさん^^
今日はわかってしまいましたww

就職準備のための講習・・・そういうのも受け持っていらっしゃるんですね。
私も職業訓練校のカリキュラムにそういうのがあって、
面接時の心構えだとか、職務経歴書の書き方だとか
名刺の受け取り方だとか、敬語の使い方とか・・・
そんな内容だったと思うのですが、そんな感じでしょうか?違うかな?

もし、「これから初めて就職する」という方たちが対象なのであれば、
講義するのもなかなか大変なのでしょうね。。。
どんな会社にあたるかもわからないし、勤務先では
色んなトラブルや、それこそ人間関係やら何かと複雑で
一筋縄ではいかないことも多々ありますからね(-"-)

かのんさんの受講生さんたちは、かのんさんのように
大事にしてくれて、親身になって教えてくれて、経験も色々積まれている
講師に教えてもらえて幸せですね。^^

私も、かのんさんの受講生の皆さんが私のような目に遭わないことを祈ります(-人-)
  1. 2006/09/13(水) 22:58:55 |
  2. URL |
  3. matou #A3m.yrk2
  4. [ 編集]

あ、わかりにくかったですね・・・

職業訓練を委託された職場なのでPC講義、訓練生も受け持っています。
名刺の受け取り方とかは特にこちらから教えませんが、まあいろいろ相談されれば自分のできる限りのフォローはしています。

職務経歴書や履歴書の書き方は教えていますねw

私が受け持った方ではありませんが、個人的に話をしていたら、その人は精神を病んで仕事を辞めたと言っていました。
そして、仕事をして、また同じ思いをするのではないかと不安に駆られると・・・

他にも気持ちの上で辛いという方の話を色々聞きますし、私自身、頑張りすぎて辛かったことも多くありますので、心のゆとりをなくしてしまうほどに仕事などで人生を引っ掻き回されて欲しくないと考えてしまうのです。

もしかしたら、講師としては甘すぎるのかもしれません・・・
仕事だからほどほどにクールに接するべきなのかと思ったりも。

  1. 2006/09/14(木) 00:49:31 |
  2. URL |
  3. かのん #-
  4. [ 編集]

>かのんさま(かのんさんのお仕事)

あ、何だかやっとかのんさんのお仕事が分かってきた気がします。^^

職務経歴書や履歴書の書き方、教わりたいかもw
書いた経験は数知れずなのですが、だんだんと職歴を重ねるにつれて
どこまで書いていいのやら・・・と思うことが多々あるんですよね。^^;

私はかのんさんのような講師の方がいらっしゃると、
訓練生の方たちもとても心強いと思います。
私が職業訓練の授業を受けたときは、ある科目の講師は
見事な経歴をお持ちの方らしく、内容は参考になるのですが
何となく親身な感じがしなくて、相談したいと思える雰囲気が無かった気がします。

仕事とプライベートをかっちり割り切れたら、きっと
仕事が原因で心を病んでしまったり、身体を壊してしまったり
しなくてすむのかもしれませんが、どうしても仕事って生活の中心になりがちですよね。
だからそういう事態を避けられないことがあるのだと思います。

そしてその辛さを知っているかのんさんだからこそ、
訓練生の方たちも相談されるのだと思います。^^
私は、今のままのかのんさんのスタンスで行ってほしいなと(個人的に)思います。
  1. 2006/09/16(土) 01:39:01 |
  2. URL |
  3. matou #A3m.yrk2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。