WEB職人へのなが~い道のり

WEB職人を目指す行く手には、病気や貧乏など壁がいっぱい。乗り越えて晴れてWEB職人になれるのか?




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|

昨日は失礼しました

今日は、昨日よりちょっとまともです。
相変わらず歩くとふらふらするし、話すといつもよりスローリーだし
頭も朦朧としてるけど、薬をばか飲みしてない分、まともだと思います。

いつもの常用している薬がないのが問題なのです。
本当は先週の土曜が受診日で、薬ももらってくる日だったのですが
いかんせんお金がなくて^^;行けなかった為に
2日分の薬で1週間持たせようとしたのが敗因のようです。

今回で、やっぱりまだ自分は薬無しではやっていけないのだと
思い知らされました。
まだまだ健康体には程遠いようです。悲しいことに。

でもそれが、普通に仕事をして日常生活を送るために必要なのならば
しかたないことかなあとも思っています。

いつも自分は、病気に甘えているだけなんじゃないかと。
本当はとっくに治っていて、病気でいることで同情を引こうとしているんじゃないかと
そんな考えを持ったりもしていたのですが、そうでないことがわかっただけでも
今回のことは意味があったのだと、無理にでも思おうと思います。
まあ、何の解決にもなっていないわけですが^^;

  1. 2006/08/15(火) 23:49:40|
  2. 思うこといろいろ|
  3. コメント:8
<<Flashに取り掛かっています | ホーム | ごめんなさい>>

コメント

少し体調が回復されたようで安心しました★
しかもちょうどお盆休みに入られるということで
これで体調を整えやすくなりますね。
でも・・・・いいなぁ・・・
お盆休みがあるのって・・・・
(全くナッシンな僕。涙)

さて、昨日の日記とブログへコメントいただいた内容から
僕が思う解決策を2~3点お知らせしたいと思います。
大変失礼な内容になるかもしれません。
不都合がありましたら、遠慮なく削除下さい。
本来ならばメールでお話しすることですが
ちょっとメルアドが見当たらなかったので
とりあえずここに記します。


とりあえず金銭的なことについて・・・
現在のmatouさんの負担が大きすぎると思いました。

しかし日本には良い制度があります。
少々過激な提案ですが、以下のようなものが有効かもしれません。

1・自己破産(借金の総精算が可能)
2・生活保護(最強のセーフティーネット。万能)

特に2はお勧めです。
期間を区切って保護を受けることが可能で、しかも日本人ならば誰でも受けられます。
(例えは悪いですが、ヤ○ザ屋さんでも適用されます)
もし生活保護を受けられれば、
あらゆる医療費・税金が免除され、また最低限の生活を保障する分の
お金が毎月支給されます。

もし生活保護に抵抗がある場合でも、
また生活保護に興味がある場合でも
現在の困窮を最寄の「社会福祉事務所」に相談されると良いです。
話を聞いてくれますし、しかるべき手段を提案してくれます。

また、町内に必ず「民生委員」という方がいらっしゃるので
この方もまた良い相談相手になってくれると思います。

あと、現在病院で薬をいただいていると思いますが、この費用について・・・

失礼な憶測ですが
もしも心療内科、もしくは精神科に通われていて
そこから薬をいただいている場合、
「32条申請」という制度があります。

これは、一つの病院と一つの薬局に限り
薬代を1割負担にしてくれる、という制度です。
(2割だったかな・・・スイマセン。勉強不足で・・涙)

申請は非常に簡単で、窓口で
「32条にしてください」と言うだけです。
簡単な申請書類を書いて、出来上がりです。
この申請は、早く行うほど有利です。


僕も母が病気になってから、初めて
このような福祉関係の制度を多少勉強しましたが
意外と便利な制度があるものでした。
また、相談相手も色々存在します。

今回は長文大変失礼しました。
matouさんのご負担が軽減され、グッと楽になるのを
心から祈ってます。

もし何かお力になれることがあれば
いつでも声をかけてください。
  1. 2006/08/16(水) 02:58:17 |
  2. URL |
  3. love210 #-
  4. [ 編集]

おはようございます。
少しばかり復活されたようでよかったです♪
お返事も書いていただいて、ありがとうございました。

上の方、love210さんのコメント、とっても親切ですね。
ぜひ参考にされて、相談できる環境を作ることを願います。
心に、身体にお気をつけくださいませ<(_ _)>
  1. 2006/08/16(水) 07:07:47 |
  2. URL |
  3. まいまい@Web標準にアプローチ #Ml.NqimY
  4. [ 編集]

少しは回復されたみたいで良かったです。(^^)
今日このブログ見るまで心配でした。

love210さんの解決方法、私も良いと思います。
役所に行きなれてないとちょっと躊躇していまいますが、
(怒られるんじゃないか、とか苦しい気持ちの時に心無い
言葉を役所の人からなげかけられるんじゃないか・・とか
でも実際は役所の皆さん結構丁寧だったりしますよ。)
もしいけるようなら、相談するのも一つの手だと思います。

市とか区とかで、無料相談みたいなものもあるので、
一度利用されてもどうでしょう?
これだと一度行って、嫌だったらもうそれで終わりですし、
後腐れなくて気負わなくてよいかな・・・と。
私の友達が離婚するときに子供の親権のことで一度相談しに
行ったことがあるそうで、それを今思い出しました。

早く心がゆっくりできるといいですね。
  1. 2006/08/16(水) 16:31:17 |
  2. URL |
  3. ひつじてんちょ #-
  4. [ 編集]

気持ちがちょっと落ち着いたようでよかったです。

matouさんは生きる気力がある分、安心としています。
私は生きる気力すらなかった時があるので・・・

無理しすぎないでくださいね。
皆さんが言うように行政に相談する手もあります。
通っている病院が大きいところであれば、福祉カウンセラーが居ると思います。
とりあえず、自分が辛くなってきたらそういったところで気持ちを吐き出してください。

そういったところで気持ちを吐き出して、ちょっとだけでも心の錘を軽くしてください・・・
いつか、羽根を休められる場所が出来るまで。
  1. 2006/08/16(水) 17:37:18 |
  2. URL |
  3. かのん #-
  4. [ 編集]

>love210さま

ご心配頂いて、その上いろいろな案を教えていただいて本当にありがとうございます。

実は、生活保護ではないのですが、以前パニックを患ってから、国民年金の支払いが苦しくて役所に相談に行ったことがあったのです。

でも、あれって「世帯」ごとの収入を見るのですよね。なので、父に年金収入があること、私が全く働けない年齢ではないことを理由に認めてもらえませんでした。

同様に、義姉が離婚後に子どもがまだ小さいこともあって生活保護を申請したのですが、「あなたはまだ若くて働けるはずだから」と却下されたそうです。

役所って、せっかくいいシステムがあっても基準が厳しくて、本当に困っている人には行き届かない印象があります。。。

32条は、一度医師にも薦められた事があります。ただこれは、母が世間体を気にする性格のため
今のところ断念しています。
当時は私も役所に出入りする仕事をしていたこともあったので尚更ですね。

せっかく教えていただいたことを生かせなくて申し訳ないです。
でも、もしも同様の悩みを持っている方が見て役立つことを思って、このコメントは消さないことにしますね。

ちなみに私のメールはmatouあっとinter7.jpです。(あっとは@に直してくださいね)
もし気がついたことなどがあったらメールを下さると嬉しいです。

これからもlove210さんのサイトを見に行かせてもらいますね。
これからも、よかったらよろしくお願いします。
  1. 2006/08/17(木) 00:02:52 |
  2. URL |
  3. matou #ffVU29mw
  4. [ 編集]

>まいまいさま

まいまいさん、お気遣いいただいてありがとうございます。
今日はFlashの勉強をしようという気力が湧いてきたので
もう大丈夫だと思います^^

これからもご指導、アドバイスよろしくお願いしますね。
いつもありがとうございます。
  1. 2006/08/17(木) 00:05:38 |
  2. URL |
  3. matou #uLQWqP6k
  4. [ 編集]

>ひつじてんちょさま

ひつじてんちょさん、ありがとうございます。
ひつじてんちょさんのコメントを見ると、なぜか気持ちがホッとする私です^^

役所の相談は、love210さんのコメントにも書いたように
なかなかうまくいかないのですが、でも何とか
自分にできることを少しずつでもやっていって、少しでも
いい方向に向くように努力しようと思っています。

ひつじてんちょさん、いつもありがとうございます。
コメント本当に嬉しかったです。本当にありがとう。
  1. 2006/08/17(木) 00:09:10 |
  2. URL |
  3. matou #k.7qDo7M
  4. [ 編集]

>かのんさま

かのんさん、生きる気力を失ってしまったこともあったのですね。
きっと私などが想像できないほど苦しい思いもされてきたのでしょうね。

きっと、かのんさんの優しさはその経験から生まれてきたものだと思います。

正直、私長生きするつもりなかったんです。別に理由はないのですけれど。
結婚もするつもりは早くからなかったし、何も生み出さず、何も残さず消えていくんだなーとぼんやり思っていたのです。

でも、好きな仕事も見つけて。守るべき母も抱えて。簡単には死ねないなーと思い始めてきました。
これで気の休まる場所、何の心配もしないで休める場所があれば、言うことなしなんですけどね。
そう甘くはないですよね。

かのんさん、ありがとう。いつも勇気付けてくださって。
  1. 2006/08/17(木) 00:15:06 |
  2. URL |
  3. matou #tgTDyqjM
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。