WEB職人へのなが~い道のり

WEB職人を目指す行く手には、病気や貧乏など壁がいっぱい。乗り越えて晴れてWEB職人になれるのか?




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|

仕事決まりました!!!

今日はいよいよ緊張の2次面接に行ってきました。

単発のお仕事の昼休みをずらしてもらって、その間に大急ぎでダッシュ。
(そのことで単発の仕事先の担当者とちょっとした出来事があって、
実はかなり凹んでいるのですが…(>_<)それはまたの機会に。)

社長は、予想していたよりもはるかに若い印象でした。
かなりくせのある方をイメージしていたのですが、なかなかどうして、
ポリシーとか今後の展望とか、これからの会社運営のためにどういう人材が必要で、入社後は
こういう仕事(内容と言うより、志的なもの)をしてほしいなど、とても分かりやすいお話でした。

こういう業界なので、まだこれからと言う部分も多々あるので、安定を求めるなら他に行ったほうがよいとまで、率直におっしゃっていただきました。
あとは自分の判断次第と言うことだったので、会社を出る前に入社を決意してお願いしてきました。

あ、そういえばどんな会社か書いてなかったかも…
地元の女性向けポータルサイトの運営や、WEBサイトや広告等の制作も請け負っている会社です。
その会社で、編集兼取材兼経理、ということで働くことになりました。
制作にはまだまだ携われるスキルはないのですが、いずれは
お手伝いできるようスキルアップは続けてゆくつもりです。


もちろん生活がかかっているので、最低限の収入は得なくてはならないのですが、
「仕事のやりがい」を考えると、これまでいた大手の会社などでは味わえなかった、
「自分の成果が会社の利益に直接結びつく」ことや、
「自分はどんな働きをすれば会社の業績を上げるために役立つのか」
といったことが目に見えるという、これほどやりがいのあることはないと思うのです。

しかも、確実に自分のスキルアップになる。絶対に、将来の自分にプラスになると思える。
これはやるしかないだろう、と思いました。

当然、入ったからには一から覚えていくことばかりで、ある程度厳しいことも覚悟しています。
でも、好きな世界だからがんばれると思う。
ちょっと年のいった新人ですが(^^)、新たな気持ちで向かってゆきます!

最初に出されたお題は「女性誌を読んでくること」。女性向けのポータルサイトを運営しているので
当然なのですが、このところ読書と言えばPC関係の本ばかりで、
もともとファッションや流行に疎い自分のこと、いきなり難問です^^;
でも、身近な女性の友人たちにも協力してもらってリサーチして行きたいと思います(^^)/
  1. 2005/07/22(金) 00:35:26|
  2. 就職活動|
  3. コメント:3
<<爆睡の週末・・・(-_-)zzz | ホーム | いよいよ明日。。。。>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/07/22(金) 04:40:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

おめでとうございます。

おめでとうございます。
私のブログに書き込んでいただいて
いるのに気づき、訪問させていただき
ました。

するとオメデタイ話!

自社で運営しているホータルサイト
があるということで、運営など
いろいろ勉強になると思います。

今後はマーケティングでコミュニティ
サイトを利用していこうという動きが
大企業を中心に活発になってくると
思います。

楽しみですね。

本当におめでとうございます。
  1. 2005/07/23(土) 00:43:50 |
  2. URL |
  3. Kobaken #TYxE//as
  4. [ 編集]

ありがとうございます!

>小林さま、ご訪問&コメントをありがとうございます。

何だか、いつも拝見させていただいているメルマガやサイトの方から
コメントを頂けるなんて、とても光栄で嬉しいです。

そうですね、ポータルサイトはいつも見る方の立場で、
運営側に回るなんて想像もしていなかったのですが、
きっと見るもの聞くこと全てが勉強になると思います。

これからも小林さまのサイトやメルマガで、いろいろ勉強させていただきますので、
よろしくお願いいたします!
  1. 2005/07/25(月) 00:10:55 |
  2. URL |
  3. matou #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。