WEB職人へのなが~い道のり

WEB職人を目指す行く手には、病気や貧乏など壁がいっぱい。乗り越えて晴れてWEB職人になれるのか?




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|

結婚式に行ってきました(*^^*)

今日は、日曜の割にはちょっと早起きをして、
前に勤めていた会社の同僚の結婚式に出席してきました。

結婚式にお呼ばれするのはあまりに久しぶりなので、
準備が大変でした(>_<)
特に、ここ数年で○Kg(2ケタ!!)も太ってしまった自分には、
着るものの準備が大変でした_| ̄|○

でもお天気も良く、和やかでいいお式でした(*^^*)
感動して何度か涙をこらえられませんでした。

職場結婚でしたので、新郎は元上司、新婦は同僚と
身近な2人だったのでなおさら感慨深いものがありました。

この同僚とは、まさかここまでの付き合いになるとは
出会った頃には思っても見ませんでした。


以前の職場では、大きなプロジェクト案件を受注しており、
その事務関係の一切を、当時は同僚の彼女が一人で受け持っていました。

その彼女をサポートするべく入社したのが自分だったのですが、
最初の印象は「美人でちょっと厳しそうな人かな?」とのものでした。
でも日が経つにつれ、彼女が仕事のできる人で、その上
どんなに自身が忙しくても、他の人からの頼みを快く引き受ける、
皆に頼りにされ、信頼されている人なのだとわかってきました。

プロジェクトの事務の仕事は、毎月締め切りがあって
それに間に合わせるために、毎日 日付が変わるまで残業をしないと
終わらないほどのものでした。
それを2人で協力しながら続けていくうち、ただの同僚とは違う
もっと深い、もっと親密な信頼関係が育ってゆきました。

あの2年半の間は、家族よりも誰よりも彼女と一緒に仕事をしている時間が長く、
もはや他人とは思えないほどでした。
彼女とだからこそ、あんなにハードな仕事も乗り越えていけたのだと思います。

彼女と仕事をして得たことは、書ききれないほどたくさんあります。
年下ながら、姉のようなしっかり者の彼女には、本当にたくさんのことを教えてもらいました。
彼女と一緒に仕事をできたのは、自分の社会人としての人生の仲で
本当にラッキーなことだったと思います。

美人なのに気取らない、ちょっと大ざっぱなところもあり
涙もろい、情に厚い彼女は、今では大好きな友人です。

彼女の花嫁姿は、本当に綺麗でした。
きっときっと、幸せに暮らしていってほしいと心から祈っています。^^

  1. 2005/10/23(日) 23:32:32|
  2. とりあえず日記|
  3. コメント:0
<<絶不調です(-"-;) | ホーム | 久々にいじめ?に遭ってます(-"-)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。